不妊は男性側に原因がある確率が50%?

images

妊活というと、女性側が不妊治療を受けたり、なるべく若いうちに赤ちゃんを授かろうと活動するイメージが以前はありました。

新婚の夫婦が子供を授かれない時に女性が先に不妊の原因を検査するのも以前は当然のようでした。しかし、赤ちゃんを授かるのは夫婦のそれぞれが力を合わせて初めてできること、原因が女性側にだけにあるとは限らないのは当然です。

実際、検査を受けてみると不妊の原因が男性側にあるケースも女性側のケースとほぼ半々と言われています。

不妊の原因をしっかりと見つけましょう

性行為を問題なくしていても長期間妊娠できない時に男性側に原因があるケースは、男性側の精子の数が少ない、受精にまで至る遊泳力が足りない場合、薬によってそれらを通常の状態に回復させる治療を行います。

また、そのような治療後でも、精子の生産能力があるのに射精した精液に精子が含まれていない場合は精巣から抽出した精子による受精を受精させて、人為的な手助けをしつつ妊娠するということも可能です。

若い男性でも、このようなケースは大いにありえることですので、妊活=女性の役割と決め付けてしまわず、妊活を始めるときには夫婦で原因を調べ、情報を共有してお互いにサポートしあうことが大切です。

妊娠は夫婦の共同作業の中でも最も神秘的なものです。

スポンサードリンク

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>