39歳の主人に気づかれないように私が主人にした妊活

shutterstock_52535791

当時23歳の私が、16歳年上の主人に気づかれないようにシレッと日常の中でしていた妊活術の体験談を書いてみようと思います。

何故シレッと私がしていたのかというと、主人はいつもと違うことを何かを意識して継続的に行うのが苦手な人だからです。

一番最初にしたのは、主人のパンツをボクサーパンツからトランクスに全部変えたことです。

男性の睾丸は熱に弱く、蒸れやすいブリーフパンツやボクサーパンツを日々愛用していると精子の質が落ちてしまうという話を聞いてから、主人の下着は全てトランクスにしました。

次に主人のアルコールの量を減らすことをお願いしました。

主人も自身が40歳までに子供がほしいと望んでいたことから快く了承してくれました。

飲んでいた量が多かったので、減らし始めた当初は物足りなさから愚痴をこぼすこともありましたが、今でも私が指定した量のお酒で抑えてくれています。

休みの日も抑えてもらうのは申し訳ないので、金曜の夜と土曜日は好きなだけ飲んでいいよ!っと言ってました。

食事で特別意識していたのはとても基本的なヘルシーでバランスの良い食事でした。

特に、長いもなどに含まれるムチンは男性の元気の源という話を聞いてから、長いもやオクラ・納豆使った料理をよく作って出していました。

基本的には脂質の少ない食事にしていましたが、それだと物足りないので休み前の日は完全おつまみメニューで揚げ物などを作ってました。

私が意識して主人にシレッとしていたのはこれくらいです。

明らかに子作り意識してます!っということを考えたり、表に出してしまうと私も主人もストレスになってしまい、それが子供を授かれない要因になりかねないなーっと思ったので、8割はいつも通りに、2割は赤ちゃんのためにっといった割合でのんびりしていました。

努力が実ってか、たまたまだったのか、翌年の秋に男の子を授かりました。

スポンサードリンク

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊活をサポートする『大人の青汁シトルリン桑抹茶』

妊活をはじめたい男性やご夫婦、ご主人に妊活を言い出せない奥様におすすめの青汁「シトルリン桑抹茶」です。

サプリや精力剤はちょっと…。という方でも妊活にプレッシャーを感じることなく気軽に始めることが出来るのでとても人気に妊活サポート食品です。

健康維持と妊活をダブルでサポートしてくれる『大人の青汁シトルリン桑抹茶』で、新しい妊活を初めてみませんか?

大人の青汁シトルリン桑抹茶の詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>